京都で蛇口の水漏れを見つけた時にすること

毎日使う水は、トイレやキッチン、バスルームに洗面台などどの場所も使用頻度が高く、故障すると大変困るものばかりです。水道のトラブルは、築年数が多くなるにつれ増加する傾向があり、10年以上経過している家や設備の場合には、起こりうることなので、対応の仕方を知っておきましょう。蛇口から水がぽたぽた滴っていて止まらない、蛇口の根元やつなぎ目など変なところから水がしみだしている、給水管や周辺の壁、床などが濡れている場合には、まずは水道の元栓を探して閉めることが大切です。水道のトラブル全般に、見つけた時にすることが元栓を閉めることです。

蛇口や給水管のトラブルの場合には、元栓を閉めることで水漏れもおさまってくるので、まずは落ち着いて元栓を閉めましょう。蛇口から水滴が落ちてくるという水漏れの場合、多くがパッキンの劣化が原因となっています。パッキンは京都のホームセンターにはほぼおいてあり、購入することが可能です。パッキンが原因の場合には、取り換えるだけで水漏れがとまるので、自分で修理をしたい、費用を安く上げたい場合にはまずはパッキンを交換して様子を見ても良いでしょう。

パッキンの交換で水漏れがおさまらない場合は、原因を特定したうえで部品を交換したり、修理することが必要になり業者に依頼した方が良いケースです。京都は、水道修理を専門としている業者が比較的多いので、京都で評判が良い業者を3つほど選んで、見積もりを依頼してみると比較をしてから安くて対応の良い業者に依頼できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です