蛇口からの水漏れの原因と修理の仕方

ハンドルを閉めていても蛇口から水が漏れていたら、早めの修理が必要です。ハンドルやレバーに関したスピンドル部分が破損や劣化で起きていると考えられて、この部品は長く使っていると劣化してくるのでその都度新品への交換が必要です。例えば数十年経過したスピンドルだと錆てきて限界まで閉めても、水が通る道を防ぐことが出来なくなってきます。蛇口の水漏れの原因や修理はタイプによって違い、レバータイプだと構造も違いますが主にレバーの中のカートリッジやパッキンなどのゴム部分が劣化している、バルブの劣化や故障などが吐水口から水がもれてくる原因です。

スピンドル部位の劣化が原因かどうかを確認するためには、ハンドル部分をスパナやドライバーなどの工具を使い取り外します。先にハンドル部分をドライバーを使って外し、蓋があるときはマイナスドライバーなどを使って外しから行います。スピンドルの一部が見えてきますがナットがあって外せないので、スパナなどの工具を使いナットも外します。本体は手でも取れて、ホームセンターなどで買った新品と交換することで直ります。

レバータイプだとバルブカートリッジの交換をします。この場合もレバーハンドルを精密ドライバーなどで外し、カートリッジ押さえの部品をスパナで外してからバルブ本体を引き抜きます。あとは水漏れ修理が必要な蛇口のメーカーから型番があうバルブカートリッジを嵌めこんで、解体した逆の順番でパーツを戻すことで直せます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です