キッチンの蛇口の水漏れトラブルの修理や交換

キッチンで蛇口をひねると、レバーやハンドルから水が漏れてきたという経験は多いかもしれません。この症状も勢いよく出たり、ぽたぽたと少し落ちる程度と違いますが、水漏れトラブルが起きたらどのような修理があって、部品交換などが自分で出来るのか気になるところです。水漏れのトラブルが起きて修理が必要になるときは、大体は普段の生活で思ってもないときや、突然起きることが殆どです。蛇口が新品の時や新築を買ってからのタイミングでは起きることはあまりありません。

新品のときは工事会社も取り付けなどは万全を期して行うので、プロが行って取り付けた場合は設置に関して問題が発生することはほぼないといえます。そのためキッチンの蛇口からの水漏れが起きて、修理するときには大体は部品の経年劣化が原因です。水が漏れてくるまでの目安は10年で工事が行われてから10年ぐらい経過すると、蛇口の中のパッキンや部品が消耗して漏れが起きやすくなります。今住んでいる家の蛇口が10年以上経っているときは注意が必要です。

突然漏れが起きてしまう問題が起きる可能性が高いです。仕事に行かないといけないのに、漏れが起きて遅刻などをしないためにも10年以上経過して古くなってきたら、問題が起きる前に部品交換をするのがおすすめです。水道の蛇口からの水漏れトラブルの原因はそれぞれ違い、修理の仕方も違います。例えば漏れている個所がどこで、蛇口は古くからある捻るタイプか、またはレバー型の最近のものかで必要となる部品も変わります。

箇所やタイプ、構造などがわかっていれば自分でも直すことは可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です