赤ちゃんのミルク作りにはウォーターサーバーを活用

ウォーターサーバーを赤ちゃんのミルク作りに活用したいと考えている人も多くいます。しかし、お湯を沸騰しなくても殺菌ができているのかどうか、温度調整のために冷水をそのまま使用してもいいのかどうかを心配している人も少なくありません。実際、粉ミルクを溶かす水ボトルは前提として沸騰させて殺菌することが必要です。水道水やミネラルウォーターには細菌が含まれているので、抵抗力のない赤ちゃんに有害になる可能性があるからです。

しかし、ウォーターサーバーの水は不必要な不純物や細菌は製造段階で取り除かれているので全く問題ありません。大手のウォーターサーバー会社であれば、きちんと食品安全マネジメントシステムの国際規格の認証を取得しているので、品質面でとても安心できます。また、赤ちゃんのミルクを作る場合には70度以上のお湯を使用することが推奨されていて、サーバーのお湯は大体80度に設定されているので、ミルク作りには最適な温度です。また、温度調節のために冷水をそのまま使用することに関しては、お湯と同じように不純物や雑菌はありませんので、心配ありません。

ただし、コックの部分やボトルの差し込み口などに雑菌が繁殖しやすいので定期的にメンテナンスをする必要があります。サーバーによってどのようにメンテナンスを行うかという明確な決め事がありますので、それに従って行うようにしてください。それさえ守っていれば、安心で安全な水を使用することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です