赤ちゃんのためのウォーターサーバー選び

赤ちゃんの体はとてもデリケートなので、粉ミルクや離乳食をつくるときにはできるだけ安全な水を使いたいという方も多いのではないでしょうか。現在のウォーターサーバーはただ水を冷やして提供するだけでなく、ボタン一つでお湯も利用できるタイプが主流なので、粉ミルクや離乳食をつくるときなどに非常に重宝します。また、ほとんどのメーカーが厳しい品質管理の下で水を製造し、安全なお水を提供しているので、赤ちゃんに安全なお水を飲ませたいという方は、ウォーターサーバーの業者と契約して定期的にお水を宅配してもらうのがお勧めです。赤ちゃんのためにウォーターサーバーを選ぶときにはまず水のミネラル含有量をチェックすることが大切です。

ウォーターサーバーではほとんどの業者が水に一定量のミネラルが溶け込んだミネラルウォーターを提供しています。しかし、適度なミネラルは大人にとっては健康によくても、赤ちゃんはまだ消化器官が未発達で体内のミネラルを十分に調節できないので、ミネラル含有量が多いミネラルウォーターを飲むと、胃腸や腎臓に負担がかかり、下痢などの副作用が生じてしまう可能性もあります。日本の天然水はミネラル分をあまり含んでいない軟水が多いので、日本の水源から採取した水ならばあまり神経質になる必要はありませんが、海外の水源から採取した水の中にはミネラル含有量が多いものも少なくないので注意が必要です。ちなみに、現在では逆浸透膜(RO膜)という特殊なフィルターに通してミネラル分を完全に除去した「ピュアウォーター(RO水)」を提供する業者も増えています。

ピュアウォーターならばミネラルの摂り過ぎを気にする必要はありません。粉ミルクは元々赤ちゃんにとってベストなミネラルバランスになるように配合されているので、粉ミルクをつくるときにはピュアウォーターを使用するのが理想です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です