ウォーターサーバーの水の採取について

ウォーターサーバーには様々な水の種類があり、国内のものだけではなくて、最近では海外のものを選ぶこともできます。多くのものは天然水で、どこからか採取されています。採取の場所によっていろいろな違いがあるということは頭に入れておかなければなりません。たとえば、富士山の水だからと言っても、採取する場所はいろいろです。

水を採取する場所によって含まれているミネラルは異なります。富士山と言えばバナジウムが有名ですが、富士山のどこで採取するのかによって含まれるバナジウムの濃度は異なります。多くの場合には地下深くからくみ上げています。地下50メートルから100メートルくらいからくみ上げることが多いようですが、200メートルから300メートルくらいの深さからくみ上げているものもあります。

深ければそれだけ良質な天然水が採取できると考えられていますから、ウォーターサーバーを選ぶときにはこのあたりもチェックしておいた方が良いです。なぜ深い方が良いのかと言いますと、それだけ地表から隔離されているからです。天然水と言っても、もともとは雨水など、地表の水です。それが徐々に岩盤に浸透し、それが地下にまで到達するわけです。

その間に岩盤のミネラルが溶け込んでいきます。地表に近ければ不純物が多く、またミネラルも少ないと考えられるのです。そのためにウォーターサーバーの水はかなり深いところからくみ上げられていると考えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です