ウォーターサーバーのボトルのタイプ

ウォーターサーバーは使用しているボトルによって大きく二種類に分けることができます。まず一つ目となるのが比較的大きな業者が利用しているリターナブルタイプと呼ばれるものです。このタイプは水が入っているボトルが何度も利用できるようにしっかり作られており、消費者がボトルの水を飲みきった後にはそのボトルを回収して、内部を清掃したうえでまた新しい水を入れて再利用されます。この方式はボトルが再利用できるためにボトルに関する費用負担がほとんど無く、長期間利用しても消費者や環境への負担が小さいというメリットがあります。

ただ配達に関しては業者が回収をする手間がありますから配達日や時間の制限が多いというようなデメリットがあるのも事実です。ではもう一つのタイプは何かというと、これがボトルを使い捨てとして利用するワンウェイタイプです。これは水が入っているボトルを一度使用した後は廃棄してしまうため、環境に対する負担はリターナブルタイプと比べると大きいと言えます。加えてボトルの使い回しが出来ないということによって消費者が支払う水の単価も割高になりがちです。

ただ使いきったボトルに関しては廃棄してしまえば良いということから配達日が柔軟に設定できるというメリットがあり、消費者からすれば自分以外には誰も届いたボトルを使っていないという衛生面の安心感が大きいというメリットもあります。ウォーターサーバーはさまざまなメーカーで販売されていますが、それぞれのウォーターサーバーのメリットや特徴はそれぞれによって違います。ウォーターサーバーを利用する際には是非自分にとってどういったものが良いのかということを考えて選ぶようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です