ウォーターサーバーについて

ウォーターサーバーとは、専用のボトルを設置することで好きな時に冷水や温水を使える機器のことです。もともとは業務用でしたが、現在は多くの家庭にも普及しています。家庭に設置して、サーバー用の水を宅配してもらうという使い方が基本です。ウォーターサーバーの特徴は、「衛生的」「便利」「経済的」の三つです。

ウォーターサーバーに使われる水は、厳格な衛生管理がなされているので、有害物質を心配する必要がありませんし、機器自体にも水を衛生的に保存する機能があるので、常に安全な水を飲むことができます。また、専用のボトルを設置すると、タンクに水を自動的に補給してくれるため、ボトルが空になったら交換すればよく、市販のミネラルウォーターを飲む時のように「冷蔵庫から取り出す」「フタを開けて、コップに注ぐ」「冷蔵庫にしまう」という手間がかかりません。そして、これはぜいたく品のように思われがちですが、ミネラルウォーターを買うよりも経済的であるケースが多々あります。500mlのミネラルウォーターは100円強の値段ですが、サーバー用の水は12Lでだいたい1,500円です。

ということは、500mlに換算すると60円くらいなので、非常に安く済みます。加えて、電気ポットより電気代も安いことが多いですから、相当の金額を節約することができます。昔は業務用というイメージが強かったですが、様々なシーンで使うことができるので、実用性の高い機器として注目されています。大阪のトイレの水漏れのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です