浄水器の種類で評判が良いタイプは?

東京や大阪をはじめ、大都市で水道水を飲んでみると、いやなにおいがする場合があります。昔に比べると格段に良くなってはいますが、気になる人も多いのではないでしょうか。飲み水を購入し続けるコストを考えると、浄水器を導入するほうが節約につながります。世間での評判が良いタイプはどのようなものがあるのでしょうか。

浄水器には主に蛇口直結型、据え置き型、アルカリイオン製水器の3種類のタイプがありますが、基本的にどのタイプでも価格が上がるほど浄水機能が高くなります。設置できるスペースや予算に合ったものを検討する必要があります。浄水器には上記のようにいろいろな種類と価格帯の商品がありますが、それは浄水性能による差が大きく、その性能はJIS規格で定められている13品目+αで判断することができます。パッケージに13+3などの表記があれば基本の13品目+3種類をクリアしていることになります。

カビ臭、残留塩素、農薬などの基本の13種類をクリアしている製品でないと販売することができなくなっています。基本的に浄水器を通して出てくる水は浄水ですが、機種によりアルカリイオン水や水素水を生成できるものもあります。アルカリイオン水とはミネラルが豊富に含まれている電解水で煮物などに使用することで味が染み込みやすくなると評判です。また野菜をアルカリイオン水につけておくとみずみずしくなったり、甘くなったりする効果も得られます。

浄水器を選ぶ際には置くスペースと予算にあったもので浄水性能が自分の欲しいものにあっているか、購入者の評判なども参考にして選んでみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です