スキンケアの代名詞!ロダン&フィールズ

敏感肌の人が化粧品を選ぶときのポイント

近ごろでは、敏感肌用とパッケージに記された化粧品が多く出回ってきました。しかし、敏感肌用といっても明確な基準はありません。人によって向き不向きがあります。そこで、まず敏感肌のひとは保湿成分が含まれた化粧品を選ぶようにしましょう。

角層の水分を抱えて話さない保湿が大切です。保湿成分としては、セラミドが効果的で、保水力が強いです。セラミドにはいろいろな種類がありますが、成分表示で、セラミドの後に数字が書いてあるヒト型セラミドが効果的です。その他、保湿成分には、スフィンゴ脂質、水素添加大豆レシチン、ステアリン酸コレステロール、ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンなどがあります。

次に、化粧品に、アルコールや香料などが含まれている場合には、その内容によりヒトによっては肌に合わず、問題が生じます。かならず、パッチテストをして下さい。この点については、オーガニックコスメでも同樣で、配合されているオイルにより、肌に合う合わないの問題が生じるのです。さらに、敏感肌である場合には、多くの種類の化粧品を使わないようにした方が安全です。

必要最低限のケアを心がけましょう。ケアをするときは、肌をゴシゴシこすらず、摩擦しないように気を付けます。摩擦は皮脂を奪ってしまい、うるおいを保てなくなります。次に、防止や日焼け止めなどの紫外線対策をしましょう。

紫外線は、日焼けや染みだけではなく、肌を乾燥させるからです。睡眠不足やストレスなどの生活習慣でも肌は荒れてきます。毎日の生活を見直すことも敏感肌対策として重要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *