スキンケアの代名詞!ロダン&フィールズ

エイジングケア化粧品に使われるおすすめ成分とは

パーティーシーズンが近づいたり、急にお呼ばれががあったりすると、しまった、お手入れを普段からしておけばよかったと慌てる女性も多いのではないでしょうか。それでなくとも働く女性が増え、家庭を持っていたりすると家では家事や子育てに追われ、外へ出れば仕事は激務であったりと、現実問題は自分のお手入れなどに時間はそうそうかけられません。そんななか、これだけは押さえておきたいというポイントを知っていれば、エイジングケア化粧品を選ぶ時にも大きく役立ちます。まずアンチエイジングといえば、高級な高機能成分へ直行してしまう人もいるかもしれません。

ですがそれよりももっと大切なことは、乾燥させないことが絶対条件なのです。地球環境の悪化やオフィスでのエアコン、ストレスなどで、昨今は乾燥肌に悩む女性が後を絶ちません。しかも年齢的にも20歳前後をピークに、肌の水分量は誰でも減っていくものです。エイジングケア化粧品を選ぶ際には、基本的に保湿成分を考える必要があります。

保湿成分というのは、具体的には天然保湿因子であるNMFと角質細胞間脂質、そして皮脂です。NMFはアミノ酸や尿素、乳酸からできており、角質層の細胞内にあるのですが、これがなくなると肌の潤いが失われます。角質細胞間脂質は脂質分子と水分子が層を成して水分を保持し、皮脂は肌の上で膜を張り、水分の蒸発を防いでいます。これらのことからエイジングケア化粧品に使われる成分はプラセンタやヒアルロン酸をはじめセラミドやりピジュア、アミノ酸、またトレハロースなどがあり、おすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *