スキンケアの代名詞!ロダン&フィールズ

エイジングケア化粧品について

30歳を過ぎると、エイジングケア化粧品を使っている人の数が増えます。エイジングケアとは、加齢で衰えてしまった肌のケアのことで、エイジングケア化粧品は、エイジングケアに有効な成分が入った化粧品のことです。最近は、多くの化粧品メーカーから、エイジングケア化粧品が続々と登場しています。20代前半までの女性の肌は、特別なケアをしなくても大丈夫なケースが多いのですが、30歳を過ぎると、肌が衰えてきます。

シミやシワができやすくなり、できたシミやシワが消えないため、エイジングケア化粧品を使い始める人が急激に増えるのです。毎日のお手入れでエイジングケア化粧品を使うことで、肌の改善が期待できます。エイジングケアの成分で代表的なものは、抗酸化成分です。活性酸素は、肌の衰えの原因のひとつです。

活性酸素の発生を抑制する成分として有名なのが、ビタミンCやフラーレンです。特にフラーレンは、抗酸化パワーが高く、ビタミンCの100倍以上あります。肌の衰えには、コラーゲンも効果的です。コラーゲンは、肌の弾力性には欠かせない成分です。

美肌成分としてはもちろん、血管や骨、髪など、体のタンパク質の3割はコラーゲンなのです。加齢により肌が衰えた場合、コラーゲンを摂取したり、コラーゲン配合の化粧品を使うことで、肌の健康の回復が期待できます。コラーゲンには、乾燥から肌を守る働きもあるので、乾燥しやすい肌の人は、コラーゲン配合の化粧品を使うと乾燥を防ぐことができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *